鍼灸について

皆様こんにちは。今日の新居浜は暑いです!!

鍼灸はただ今準備中ですが、その間に鍼灸の事を少し知っていただけたらと思います♪

まず鍼灸とは、非常に細い金属の「鍼(はり)」や、もぐさを使った「灸(きゅう)」で、体の「ツボ」に刺激をあたえ、人体に作用させ、様々な疾患・病気の予防・治療を行う東洋医学です。
根底にある東洋医学の考え方に基づき、身体のバランスを整え、本来持っている治癒力を引き出した治療を行うため、人の身体にやさしく、副作用の少ない治療法として、予防医学・アレルギー治療・美容・スポーツ分野など、様々な分野で注目されています。

鍼灸と言えば肩こりや腰痛に効くというイメージですが、他にも神経痛、神経麻痺、自律神経失調症、耳鳴り、めまい、鼻水、鼻づまり、花粉症、かゆみ目、めばちこ、歯痛、風邪をよくひく、血圧が高い、食欲がない、便秘や下痢、生理不順、更年期障害、冷え性、尿が出にくい、膝が痛む、夜泣き、かんむし、夜尿症、体がだるい、疲れやすいなど、幅広い症状に効果を発揮します。

また、最近では西洋医学の観点からも東洋医学の根拠を求める研究が世界的に進められており、鍼灸治療が普及している米国の医療政府・医学研究の元締めである米国立衛生研究所(NIH)の専門委員会が出した声明では、「手術や科学医療法(薬物投与)後に起こる吐き気・嘔吐それに抜歯後の歯痛」に、鍼灸治療の効果をはっきりと認めています。

さらに脳卒中の後遺症・頭痛・月経痛・テニス肘・筋肉痛・関節炎・手根管症候群・喘息などにも補助的ないしは代替的治療としても鍼灸治療が有効であると示しています。

このように、鍼灸は様々な症状に効果が期待できます!

鍼を刺すのに抵抗がある方は、刺さない鍼もありますので安心してくださいね♪

ちなみに、体温が1度上昇する事で、代謝量は12%、免疫力は33%上昇するそうですよ(^○^)

カテゴリー:新着情報